繽紛、飽和、鮮豔、很多花,是蜷川實花的影像給人接收到的第一訊息。每張影像的視覺張力都有如她的名字「花」一般,直接、奮力的綻放著,風格明顯且獨特。其作品的類別相當多元,包含攝影、廣告、雜誌封面、配件等。

其中長期和百貨公司LUMINE合作的平面廣告作品,有一系列與廣告人尾形真理子合力製作。蜷川那繽紛多彩的用色與華麗夢幻的構圖、充滿著內心戲的影像,搭配尾形真理子以身為女性的角度與立場,用文案道出少女心中對於衣著物品著迷的心聲。讓整個廣告轉移了消費者對於是否消費的判別,進而有種被了解後產生信任感與對品牌的記憶。

蜷川實花 Website

去年的衣服已不再合適,是因為我不斷地進步。

「去年の服が似合わなかった。わたしが前進しちゃうからだ。」

 

就算是颠覆命運的戀愛,女人啊,也能忘記。

「運命を狂わすほどの恋を、女は忘れられる。」

 

不要彻底否定自己,更不要完全肯定自己。

「自分を根っこから否定しない。自分をまるごと肯定しない。」

 


我會假哭,但我不會假笑。

「嘘泣きはする。作り笑いはしない。」

 


最容易讓我變醜的,不是睡眠不足,不是惡語相向,而是退讓與放棄。

「寝不足より、悪口より、退屈がわたしをブスにする。」

 


我羨慕被人追捧的人,更尊敬被人愛戴的人。

「モテる人間って、うらやましい。愛される人間って、尊敬する。」

 


我討厭自戀的自己。比這更討厭的,是「討厭自己」。

「自分を好きな自分が嫌い。自分を嫌うのはもっと嫌い。」

 


為了他人打扮,太辛苦。為了自己打扮,又顯得太寂寞。儘管如此,人還是要努力變得時髦好看,是為什麼呢?

「誰かのためは、苦しかった。自分のためは、淋しかった。それでも、おしゃれしたいのは、なんでだ。」

 


想哭的時候,就立刻換上新衣吧。

「泣きたくなったら、さっさと着替える。」

 

要先了解自己不喜歡的是什麼,能更知道自己心愛的是什麼。

「本当の好きに近づくために、なにが嫌いか知っておく。」

 

無論是喜悅還是哀傷,穿著衣服都會比表情更直接地表現你的心情。

「嬉しいも哀しいも、表情より、着ている服、伝わっていく。」

 

因為想要照亮某個人的心,我開始認真地打扮自己。

「誰かの心を 灯したくて 私は着飾る。」

 


因為穿著的人是我,這件衣服才能微笑。

「わたしが着るから、この服は笑う。」


為了僅僅一次戀愛,就要落下不知多少眼淚。

「たったひとつの恋が欲しくて どれだけの涙をこぼしただろう。」


想要得到更多的爱,就要先学会给予周遭的人,更多的爱。

「自分をもっと愛せるように、まずはみんなに愛してほしい。」

 


努力修飾自己的外表,才更能讓人看見自己值得珍愛的美麗內心。

「一生懸命外見を磨いたら とっておきの内面が見えてくる。」

 

認真追尋自己渴望的事物,才能成為被人渴望的女人。

「ちゃんと欲しがる女だけ 欲しがられる女になれる」

 

偶爾也也會有穿什麼衣服,都顯得不那麼可愛的日子。

「何を着ても かわいくない日も、 たまにはあるけど。」

 

我絕不是因為是單身,才覺得「不能不變得更可愛一點」。

「可愛くならなきゃって思うのは、 ひとりぼっちじゃないってこと。」

 

在開始一段戀愛和結束一段戀愛的時候,女孩子都會比平時變得更漂亮。

「恋の終わりと 恋のはじめで 女の子は キレイになれる。」

 










 

參考資料

誠摯邀請你成為好朋友-->
        

About The Author

長期經營台灣的設計媒體,關心年輕設計人的發展和未來。希望透過持續的努力,結合各地的能量和資源,讓生活變得更美麗、更便利、更有趣味。

Related Posts

留下你的看法: